スポンサーリンク

筒城宮跡(継体天皇)

筒城宮址 京跡・宮跡
筒城宮址

第26代継体天皇、第2の都である筒城宮の推定地

歴史・概略

  • 筒城宮(つつきのみや)は、511年から518年にかけて継体天皇(けいたいてんのう)による都が置かれた場所。
  • 同志社大学の構内、正門を入ったすぐ右手の小高い丘の上に「筒城宮跡」を示す石碑が立っている。ただし、考古学的には何も証明はされておらず、ここの「都谷」という地名に関係性を感じた人たちによって伝承地とされている。
  • 男大迹王(をほどのおおきみ・後の継体天皇)は実に謎の多い天皇で、応神天皇5世の孫であるとされるが確かなことは分かっておらず、生年や没年についても曖昧ではっきりとしない。武烈天皇の死後、大伴金村らによって越前から迎えられた。今の天皇家は継体天皇の末裔である。
  • 継体天皇の都
    507年 樟葉宮(くずはのみや・大阪府)
    511年 筒城宮(つつきのみや・京都府)
    518年 弟国宮(おとくにのみや・京都府)
    526年 磐余玉穂宮(いわれのたまほのみや・奈良県)

施設データ

地図
住所:京都府京田辺市多々羅都谷
筒城宮跡(継体天皇)

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
大学利用時間内
定休日
大学休校日
料金
無料
交通
【電車】
・JR「同志社前」駅から約0.8Km
・近鉄電車「興戸」駅から約1.2Km

【バス】
・奈良交通「同志社大学正門」バス停

【マイカー】
・京奈和自動車道「田辺西IC」から約3Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました