スポンサーリンク

要害山城跡

要害山城跡 城跡
要害山城跡

山梨県甲府市にあった城。
要害城、積翠山城とも呼ばれ甲斐の戦国武将・武田信玄が生まれた城として知られる。

  • 築城:永正17年(1520年)
  • 廃城:慶長5年(1600年)
  • 築城主:武田信虎
  • 構造:山城
  • 主な城主:武田信虎・武田信玄・武田勝頼
  • 永正17年(1520年)、武田信玄の父・信虎が本拠地である躑躅ヶ崎館の詰めの城として築城した。
  • 大永元年(1521年)、今川の軍勢が甲府に迫り武田軍と交戦、信虎はこれを撃退した。この時信虎の夫人「大井の方」は避難していた要害山城(積翠寺とも言われる)で武田信玄を産んだとされる。
  • 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い」の後廃城。

施設データ

地図
住所:山梨県甲府市上積翠寺町
要害山城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
堀切・石垣・虎口・土塁・井戸・郭・土橋・武田信玄公誕生之地碑
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・山梨交通「積翠寺」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました