富士川の戦い

治承4年10月20日(1180年11月9日)
平安時代後期に起った治承・寿永の乱(源平合戦)の戦いのひとつ。平維盛率いる平家軍と源頼朝率いる反平家軍が駿河の富士川で戦った。しかし平家軍の士気は上がらず早々に撤退したため大掛かりな戦闘は行われなかったと言われる。

古戦場

富士川の戦い(平家越)

治承4年(1180年)に起きた「富士川の戦い」の際、源氏と平氏が対峙した辺りとされ、「平家越」と呼ばれる。 歴史・概略 遡ること二ヵ月前、平家によ...
タイトルとURLをコピーしました