楠木正成

永仁2年(1294年)?~延元元年/建武3年(1336年)
くすのき・まさしげ。河内の武将。後醍醐天皇の意を受け鎌倉幕府の倒幕に貢献した。しかしその後後醍醐天皇と足利尊氏が対立、「湊川の戦い」において戦死した。

その他遺跡

史跡櫻井駅跡

都と地方を結ぶ道路上に設置された駅(うまや)跡。 駅とは大化の改新以降、幹線道路上に馬などを配置した場所で30里(約16Km)ごとに置かれた。続日本紀に...
タイトルとURLをコピーしました