茶屋四郎次郎

ちゃや・しろうじろう。江戸時代の京都の豪商。茶屋四郎次郎のの名は世襲され当主は代々茶屋四郎次郎を名乗った。徳川家康に取り入り呉服御用を引き受けるなどした。

邸宅・住居跡

茶屋四郎次郎屋敷跡

江戸時代の京都の豪商・茶屋四郎次郎の屋敷跡。 歴史・概略 茶屋家は、朱印船貿易や大堰川や高瀬川の舟運を行った角倉家、大判の鋳造を行った後藤四郎兵衛...
邸宅・住居跡

茶屋四郎次郎邸址

京都の豪商・茶屋四郎次郎の屋敷跡。 歴史・概略 朱印船貿易や大堰川、高瀬川の舟運を行った角倉家、大判の鋳造を行った後藤四郎兵衛家などとともに「京の...
タイトルとURLをコピーしました