長享の乱

長享元年(1487年)~永正2年(1505年)
ちょうきょうのらん。山内上杉家と扇谷上杉家との争い。扇谷上杉家の実力者であった太田道灌の暗殺が契機となって戦闘へと発展、この戦いのあと上杉氏は没落し関東は北条氏の支配するところとなった。

古戦場

実蒔原古戦場跡

「長享の乱」の戦闘のひとつ「実蒔原(さねまきばら)の戦い」が行われた場所。 山内上杉家(やまうちうえすぎけ)の上杉顕定(あきさだ)と扇谷上杉家(おうぎ...
タイトルとURLをコピーしました