織田信孝

永禄元年(1558年)~天正11年(1583年)
尾張出身の戦国武将。他に神戸信孝など。織田信長の三男。兄弟に信忠、信雄など。「本能寺の変」後、中国より戻った羽柴秀吉とともに明智光秀を討ったが、後に秀吉と対立し北ノ庄の柴田勝家らとともに「賤ヶ岳の戦い」を起こした。柴田軍は敗れ信孝は岐阜城を明け渡した後切腹した。

京都

山崎合戦古戦場

京都の山崎で羽柴秀吉軍が明智光秀軍を破った「山崎の戦い」が行われた地。 歴史・概略 天正10年(1582年)、京都本能寺で主君の織田信長を討った光...
古戦場

岐阜城

岐阜県岐阜市にあった城。戦国時代、織田信長が天下取りの足掛かりとしたことで知られる。稲葉山城とも呼ばれる。 歴史・概略 築城:建仁元年(1201年...
タイトルとURLをコピーしました