斎藤道三

明応3年(1494年)?~弘治2年(1556年)
さいとう・どうさん。他に長井新九郎、斎藤利政とも。子に義龍、帰蝶(濃姫)など。僧侶から油商人となり美濃の領主にまで上り詰めた。その後子の義龍に家督を譲って隠居の身となったが義龍との確執から戦闘に発展し討ち取られた。

古戦場

岐阜城

岐阜県岐阜市にあった城。戦国時代、織田信長が天下取りの足掛かりとしたことで知られる。 歴史・概略 建仁元年(1201年)、二階堂行政が稲葉山に砦を築いた...
タイトルとURLをコピーしました