小早川秀秋

天正10年(1582年)~慶長7年(1602年)
安土桃山時代の武将。金吾中納言。他に豊臣秀俊など。丹波亀山城主、筑前名島城主、備前岡山城主。豊臣秀吉の妻おねの甥。秀吉の一族として重用されたが、秀頼が生まれたことによって小早川家に養子に出された。「関ケ原の戦い」では西軍につきながら徳川に寝返り徳川の勝利に大きく貢献した。

城跡

木幡山伏見城跡

京都府京都市にあった城。先に築城された指月伏見城と区別するため、木幡山伏見城とも呼ばれる。他に桃山城とも呼ばれる。歴史・概略築城:文禄5年(1...
城跡

岡山城

岡山県岡山市にあった室町時代から江戸時代にかけての城。江戸時代の岡山藩藩庁。 黒塗りの見た目から烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)とも呼ばれる。...
城跡

亀山城跡

京都府亀岡市にある明智光秀ゆかりの城。 江戸時代の亀山藩の藩庁。亀岡城とも呼ばれる。歴史・概略築城:天正6年(1578年) 廃城:明治1...
古戦場

関ケ原古戦場

慶長5年9月15日(1600年10月21日)、岐阜県関ケ原町で行われた天下分け目の戦い。日本史上最大規模の戦闘となった中心地。歴史・概略豊臣秀...
タイトルとURLをコピーしました