佐久間象山

文化8年(1811年)~元治元年(1864年)
江戸時代後期の松代藩士。朱子学、兵学を学び大砲を作るなどした。一橋慶喜に対し開国論、公武合体論などを説き、京都木屋町で尊王攘夷派の志士たちによって暗殺された。

事件

象山先生遭難碑

幕末の兵学者・佐久間象山が京都木屋町で刺客に襲われ命を落とした場所。 歴史・概略 佐久間象山(さくま・しょうざん)。ほかに修理(しゅり)・国忠(く...
邸宅・住居跡

佐久間象山寓居址

幕末の思想家・佐久間象山の京都における寓居跡。 歴史・概略 佐久間象山(さくま・しょうざん)は、文化8年(1811年)に信濃松代藩士・佐久間国善の...
城跡

松代城

長野県長野市にあった城。江戸時代の松代藩の藩庁。 歴史・概略 築城:永禄3年(1560年) 廃城:明治6年(1873年) 築城主:武田信玄...
タイトルとURLをコピーしました