佐久間象山

文化8年(1811年)~元治元年(1864年)
江戸時代後期の松代藩士。朱子学、兵学を学び大砲を作るなどした。一橋慶喜に対し開国論、公武合体論などを説き、京都木屋町で尊王攘夷派の志士たちによって暗殺された。

事件

象山先生遭難碑

幕末の兵学者・佐久間象山が京都木屋町で刺客に襲われ命を落とした場所。 歴史・概略 象山(ほかに修理<しゅり>・国忠<くにただ>・啓<ひらき>・子迪...
京都

佐久間象山寓居址

幕末の思想家・佐久間象山の京都における寓居跡。 文化8年(1811年)、象山は信濃松代藩に生まれ幼少の頃より勉学に励み、父の国善が亡くなった後に江戸に出...
城跡

松代城

長野県長野市にあった城。江戸時代の松代藩の藩庁。 歴史・概略 永禄3年(1560年)、北信濃の支配を目指す武田信玄が家臣の山本勘助に命じて海津城を築いた...
タイトルとURLをコピーしました