菅原道真

承和12年(845年)~延喜3年(903年)
すがわら・みちざね。平安時代初期の貴族。右大臣、贈太政大臣。菅原是善の三男。幼い頃より学問への才覚を見せ宇多天皇に重用されて出世を果たした。しかしこれが周りとの確執を生み出し九州の大宰府へと左遷され生涯を閉じた。

事件

北野天満宮

京都府京都市にある菅原道真公を祀る神社。 平安時代初期、菅原道真が左遷先の大宰府で没した後、京都で清涼殿への落雷や影木病の蔓延など災害が続いたため、祟り...
京都

菅家邸址(菅大臣神社)

菅原道真などを輩出した菅原氏(菅家)累代の屋敷跡。 歴史・概略 菅原氏は文章道で朝廷に仕える家柄で、中でも道真は宇多天皇に重用され右大臣にまで昇進...
京都

菅家邸址(紅梅殿)

平安時代前期の貴族・菅原道真の屋敷跡。 歴史・概略 道真は宇多天皇、醍醐天皇に仕え右大臣にまで出世するが、他の貴族たちの不興を買って九州の大宰府に...
タイトルとURLをコピーしました