三方ヶ原の戦い

元亀3年12月22日(1573年1月25日)
静岡県浜松市近郊・三方ヶ原で行われた戦闘。甲斐の武田信玄が徳川家康・織田信長の領国へと侵攻、家康の居城浜松城近くで徳川・織田連合軍が信玄本隊と交戦した。徳川・織田連合軍は大敗を喫し家康は命からがら浜松城へと逃げ帰った。

古戦場

夏目次郎左衛門吉信の碑

「三方ヶ原の戦い」において討ち死にした徳川家康の家臣・夏目次郎左衛門吉信の碑。 元亀3年(1572年)、甲斐の武田信玄は徳川領、織田領である三河、美濃、...
博物館

犀ヶ崖古戦場

武田信玄が晩年行った西上作戦における古戦場のひとつ。 元亀3年(1572年)9月、室町幕府将軍・足利義昭の反織田信長の動きに同調した甲斐の武田信玄は織田...
古戦場

根洗松

元亀3年12月22日(1573年1月25日)の「三方ヶ原の戦い」の際、武田信玄の本陣が置かれたとされる場所。 戦いの前年、信玄は足利義昭による織田包囲網...
古戦場

三方ヶ原古戦場

元亀3年12月(1573年1月)、西上を開始した武田信玄とそれを守る隣国の徳川家康との間に起きた戦闘の地。 歴史・概略 信濃を平定し駿河侵攻によっ...
博物館

浜松城公園

静岡県浜松市にあった城。浜松藩の藩庁。 歴史・概略 室町時代、今川氏によって築かれた曳馬城が始まりとされる。その後徳川家康の領地となりそれまで拠点として...
タイトルとURLをコピーしました