畠山義就

永享9年(1437年)?~延徳2年(1491年)
はたけやま・よしひろ/よしなり。室町時代中期の河内・紀伊・山城・越中守護。畠山政長と対立し「応仁の乱」のきっかけとなる戦乱を引き起こした。

古戦場

応仁の乱勃発地(御霊神社)

室町時代中期、「応仁の乱」が始まるきっかけとなる御霊合戦が行われた場所。 歴史・概略 御霊合戦(ごりょうがっせん)とは応仁元年(1467年)1月...
タイトルとURLをコピーしました