上杉鷹山

寛延4年(1751年)~文政5年(1822年)
出羽国米沢藩第9代藩主。他に秋月松三郎、上杉治憲など。日向高鍋藩主・秋月種美の二男。母方が上杉氏の血筋であったことから上杉家の養子となった。財政難に陥っていた米沢藩を立て直したことから中興の祖と呼ばれる。彼の有名な言葉に「成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬ成けり」がある。

邸宅・住居跡

餐霞館遺跡(上杉鷹山隠居屋敷)

江戸時代の米沢藩9代藩主、上杉鷹山の隠居所跡。 歴史・概略 上杉鷹山(うえすぎ・ようざん)は、寛延4年(1751年)に高鍋藩主秋月種美の次男として...
城跡

米沢城

山形県米沢市にあった城。江戸時代の米沢藩藩庁、上杉氏の居城。 歴史・概略 築城:暦仁元年(1238年)? 廃城:明治4年(1871年) 築...
タイトルとURLをコピーしました