本多正純

永禄8年(1565年)~寛永14年(1637年)
ほんだ・まさずみ。江戸時代初期の武将。下野小山藩主、下野宇都宮藩主。江戸幕府老中。本多正信の嫡男。徳川家康、秀忠に仕え側近として活躍したが、秀忠暗殺を謀ったとして失脚した。

古戦場

宇都宮城

栃木県宇都宮市にあった城。江戸時代の宇都宮藩藩庁。 戊辰戦争の激戦地となった城で土方歳三らの活躍で知られる。 歴史・概略 築城:平安時代末期 ...
タイトルとURLをコピーしました