島原

京都にある花街。江戸時代初期には六条三筋町、寛永18年(1641年)には朱雀野付近に移された。この時の移転騒動が「島原の乱」を思わせたことから島原と呼ばれたとされる。

京都

角屋

京都の花街・島原にある揚屋のひとつで、今も江戸時代に島原ができた当時の建物が残っている。 揚屋とは今の料亭のようなところで、置屋から大夫や芸妓などを呼ん...
その他遺跡

島原西門碑

京都の花街「島原」の西側に建てられた門跡。 寛永18年(1641年)、六条三筋町の傾城町が朱雀野に移転したことに始まる。正式には西新屋敷町というが、移転...
タイトルとURLをコピーしました