沖田総司

天保13年(1842年)?~慶応4年(1868年)
幕末の武士。新選組一番隊組長。新選組創設メンバーひとりで芹沢鴨暗殺や池田屋事件に関わった。戊辰戦争が始まる頃には体調を崩し東京で療養生活を送り近藤勇の処刑から間もなく亡くなった。

京都

壬生寺

延命地蔵菩薩を本尊とする律宗の寺院。幕末に活躍した新選組ゆかりの寺として知られる。 歴史・概略 正暦2年(991年)、三井寺の僧快賢によって開基さ...
事件

池田屋騒動之址

幕末の京都で新選組が起こした池田屋事件があった場所。 歴史・概略 元治元年(1864年)、池田屋に集まっていた尊王攘夷派の志士たちを近藤勇、沖田総司、永...
タイトルとURLをコピーしました