護良親王

延慶元年(1308年)~建武2年(1335年)
もりよししんのう/もりながしんのう。後醍醐天皇の第三皇子。大塔宮(おおとうのみや)とも呼ばれる。幼少の頃に出家、天台座主となった。「元弘の乱」が起こると還俗し倒幕に参加、建武政権では捕らえられ鎌倉に幽閉され「中先代の乱」の混乱で殺害された。

寺社

金峯山寺(南朝行宮跡)

奈良県吉野郡吉野町にある金峯山修験本宗(修験道)の本山。京都を脱出した後醍醐天皇が南朝を開いた場所として知られる。 歴史・概略 金峯山寺(きんぷせん...
タイトルとURLをコピーしました