スポンサーリンク

金峯山寺(南朝行宮跡)

金峯山寺寺社
金峯山寺

奈良県吉野郡吉野町にある金峯山修験本宗(修験道)の本山。京都を脱出した後醍醐天皇が南朝を開いた場所として知られる。

歴史・概略

  • 金峯山寺(きんぷせんじ)役小角(えんのおづぬ)によって開かれた修験道の本山である。周辺の山や麓の多くの子院からなり、今は独立しているが山上ヶ岳にある大峯山寺もそのひとつだった。
    今は桜の名所として広く知られている。
  • 飛鳥時代(7世紀後半)、役小角により開基されたと伝わる。
  • 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府の倒幕運動である「元弘の乱」が起こった際には、後醍醐天皇の皇子である護良親王が吉野で挙兵、幕府軍と戦った。
  • 延元元年/建武3年(1336年)、足利尊氏によって幽閉されていた後醍醐天皇が京都を脱出、穴生(後の賀名生)を経て、金峯山寺の僧坊である吉水院(きっすいいん・現吉水神社)に入った。後に塔頭のひとつ実城寺に遷って行宮とし、寺名を「金輪王寺」に改めた。
  • 延元4年/暦応2年(1339年)、後醍醐天皇が自身の皇子である後村上天皇に譲位、翌日崩御した。
  • 正平3年/貞和4年(1348年)、「四條畷の戦い」により南朝の有力武将・楠木正行(くすのき・まさつら)を下した高師直(こう・もろなお)が吉野を襲撃、行宮と金峯山寺を焼き討ちした。これにより後村上天皇は吉野を脱出、後に賀名生を行宮とした。
  • 正平23年/応安元年(1368年)、後村上天皇が住吉行宮において崩御。後村上天皇の皇子である長慶天皇(ちょうけいてんのう)が即位した。
  • 正平23年/応安元年(1368年)、南朝の有力武将・楠木正儀(くすのき・まさのり)が北朝に下ったため、一旦吉野へと後退した。
  • 正平24年/応安2年(1369年)、後村上天皇時代に行宮としていた金剛寺を再び行宮とした。
  • 天野山金剛寺

    南朝の拠点となった天野山金剛寺(大阪府河内長野市)

  • 文中2年/応安6年(1373年)、北朝からの攻撃を受け、再び行宮を吉野に遷した。
  • 天授5年/康暦元年(1379年)以前、栄山寺を行宮とした。
  • 慶長19年(1614年)、徳川家康の側近であった天海が学頭となり、天台宗傘下に置かれた。
  • 明治7年(1874年)、廃仏毀釈の流れを受け廃寺。
  • 明治19年(1886年)、復興。
  • 【南朝の行宮の変遷】
    年号行在所天皇
    延元元年/建武3年(1336年)吉野(奈良)後醍醐天皇
    後村上天皇
    正平3年/貞和4年(1348年)賀名生(奈良)後村上天皇
    正平6年/観応2年(1351年)正平一統
    正平7年/観応3年(1352年)住吉(大坂)後村上天皇
    正平7年/観応3年(1352年)賀名生(奈良)後村上天皇
    正平9年/文和3年(1354年)金剛寺(大坂)後村上天皇
    正平15年/延文5年(1360年)住吉(大坂)後村上天皇
    長慶天皇
    正平23年/応安元年(1368年)吉野(奈良)長慶天皇
    正平24年/応安2年(1369年)金剛寺(大坂)長慶天皇
    文中2年/応安6年(1373年)吉野(奈良)長慶天皇
    天授5年/康暦元年(1379年)以前賀名生/栄山寺(奈良)長慶天皇
    後亀山天皇
    元中9年/明徳3年(1392年)南北朝合一

    ※資料の記述に揺れがあるので、あくまで参考程度に
    ※賀名生と栄山寺は同時期に行宮とされているので判断つかず

見どころ・おすすめ

  • 蔵王堂(本堂)-国宝。高師直の攻撃により焼失。現在の建物は天正20年(1592年)頃の再建。
  • 仁王門-国宝。南北朝時代頃の建物とされる。
  • 吉野朝宮址碑-後醍醐天皇が南朝の拠点とした実城寺の跡。現在は南朝妙法殿が建てられ、南朝の天皇とそれに尽くした人たちを祀っている。
  • 二天門跡村上義光公忠死之所碑-挙兵した護良親王が幕府軍から逃げる際、身代わりとなって自刃した村上義光(むらかみ・よしてる)を称える碑。

施設データ

地図
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山

周辺の史跡を探す
主な施設
蔵王堂(本堂)・仁王門・吉野朝宮址碑・二天門跡村上義光公忠死之所碑
利用時間
8:30 ~ 16:30
定休日
無休
料金
【蔵王堂(本堂)】
 大人500円・中高生400円・小学生300円
交通
【電車】
・吉野ロープウェイ「吉野山」駅から約0.5Km

【マイカー】
・京奈和自動車道「五條IC」から約20Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました