紫香楽宮

天平17年(745年)
奈良県甲賀市に置かれたかつての首都。甲賀宮とも。天平14年(742年)、聖武天皇が紫香楽に離宮を建てたことに始まり、大仏の造営を発願し工事が開始、さらには天平17年(745年)には都と改めた。しかし周りの反対や天災等により断念、すぐに平城京に戻っていった。

京跡・宮跡

紫香楽宮跡(宮町遺跡)

奈良時代、聖武天皇によって造営された紫香楽宮中心部の遺跡。 歴史・概略 天平12年、恭仁京(くにきょう)に都を移した聖武天皇(しょうむてんのう)は...
寺社

紫香楽宮跡(甲賀寺跡)

紫香楽宮(しがらきのみや)は、奈良時代聖武天皇(しょうむてんのう)によって造営された都で、この場所には重要な施設である甲賀寺があったとされている。 歴史・...
タイトルとURLをコピーしました