六勝寺

ろくしょうじ・りくしょうじ。平安時代後期から室町時代にかけて京都白河に存在した天皇家ゆかりの御願寺で法勝寺・尊勝寺・最勝寺・円勝寺・成勝寺・延勝寺の六つの寺の総称。すべて勝の字を含んでいることから六勝寺と呼ばれる。

京都

法勝寺金堂基壇跡

平安時代後期に白河天皇が建立した法勝寺の伽藍跡。 法勝寺(ほっしょうじ)は承保3年(1076年)に白河天皇の御願によって建立された寺院で後に六勝寺と呼ば...
京都

尊勝寺跡

平安時代に建立された尊勝寺(そんしょうじ)の跡。 尊勝寺は平安時代後期の堀河天皇の御願によって建立された寺院で康和4年(1102年)、落慶供養が行われた...
京都

延勝寺跡

平安時代に建立された延勝寺(えんしょうじ)の跡。 延勝寺は平安時代後期の近衛天皇により建立され久安5年(1149年)、落慶供養が行われた。みやこめっせか...
京都

延勝寺跡

平安時代に建立された延勝寺(えんしょうじ)の跡。 延勝寺は平安時代後期の近衛天皇により建立され久安5年(1149年)、落慶供養が行われた。みやこめっせか...
京都

成勝寺跡

平安時代に建立された成勝寺(せいしょうじ・じょうしょうじ)の跡。 成勝寺は平安時代後期の崇徳天皇により建立され保延5年(1139年)、落慶供養が行われた...
京都

白河院跡(法勝寺跡)

藤原氏の別荘、白河上皇が建立した法勝寺跡。 歴史・概略 白河院は平安時代初期の公家で藤原氏全盛の礎となった藤原良房がこの場所に別業(別荘)を営んだ...
タイトルとURLをコピーしました