源義家

長暦3年(1039年)~嘉承元年(1106年)
平安時代後期の武将。他に八幡太郎とも。陸奥守、鎮守府将軍。源頼義の長男。兄弟に義綱、義光など。東北で「後三年の役」に参加、奥州藤原氏が台頭するきっかけを作った。

古戦場

多賀城跡

宮城県多賀城市にあった古代城柵跡。 築城:神亀元年(724年) 廃城:不明 築城主:大野東人 構造:古代城柵 主な城主:- 日本10...
京都

若宮八幡宮

平安時代、河内源氏累代の邸宅として使われた六条堀川館跡。 歴史・概略 平安時代中期の武将で河内源氏の棟梁・源頼義が屋敷を構えたことに始まり、以後河...
京都

左女牛井之跡(河内源氏屋敷)

京の名水のひとつ左女牛井の跡。源頼義や源義家ら河内源氏の屋敷跡とされる。 歴史・概略 左女牛井(さめがい)は平安時代より京の名水として知られ、村田...
タイトルとURLをコピーしました