直江兼続

永禄3年(1560年)~元和5年(1620年)
越後出身の戦国武将。樋口兼豊の嫡男。上杉景勝に仕えた。豊臣秀吉の死後に勃発した「関ケ原の戦い」のきっかけを作ったのが徳川家康による会津征伐であるが、兼続が家康に送った書状、いわゆる「直江状」が家康を怒らせたことで会津征伐の口実となったとされている。

古戦場

長谷堂城跡公園

山形県山形市にあった城。 築城:1500年頃か 廃城:元和8年(1622年) 築城主:最上氏 構造:連郭式・山城 主な城主: 最上氏・志...
城跡

春日山城

新潟県上越市に室町時代から江戸時代初期にかけてあった城。戦国武将として名高い上杉謙信が居城としていたことで知られる。 歴史・概略 築城:南北朝時代...
京都

聚楽城上杉景勝・直江兼続屋敷跡

京都・聚楽第の武家地。上杉景勝と直江兼続の屋敷があったと考えられている場所。 歴史・概略 天正15年(1587年)、関白となった豊臣秀吉が聚楽第を...
博物館

忍城址公園

埼玉県行田市にあった江戸時代の忍藩藩庁がおかれた城。 小田原攻めの際には石田三成を総大将とする約10倍の兵力に対して、城代の成田長親は籠城戦を展開した。三...
博物館

米沢城

山形県米沢市にあった城。江戸時代の米沢藩藩庁、上杉氏の居城。 歴史・概略 暦仁元年(1238年)、大江時広(長井時広)が地頭として赴任した際に築城したと...
安土桃山時代

山鹿素行誕生の地・直江兼続屋敷跡

会津若松の象徴である鶴ヶ城のすぐ西隣、上杉景勝の右腕ともいうべき直江兼続が屋敷を構えていた場所。また、江戸時代の儒学者、山鹿素行が生まれた場所でもある。 ...
博物館

鶴ヶ城

福島県会津若松市にあった城。江戸時代の会津藩藩庁。会津若松城とも呼ばれる。 南北朝の1384年、蘆名氏当主の直盛によって築城され代々蘆名氏の城下町として発...
タイトルとURLをコピーしました