大塩平八郎

寛政5年(1793年)~天保8年(1837年)
おおしお・へいはちろう。江戸時代後期の大坂町奉行所与力。陽明学者。「大塩平八郎の乱」を起こし最期は自決した。

その他遺跡

東町奉行所跡(大塩平八郎ゆかりの地)

江戸幕府が大阪に置いた奉行所跡。 歴史・概略 大阪町奉行所は幕府直轄地である大阪に江戸幕府が設置した奉行所である。 元和5年(1619年)、大阪...
事件

大塩平八郎終焉の地

「大塩平八郎の乱」を起こした大塩平八郎が潜伏の末に終焉を迎えた地。 歴史・概略 大塩平八郎(おおしお・へいはちろう)は、寛政5年(1793年)、代...
タイトルとURLをコピーしました