スポンサーリンク

東町奉行所跡(大塩平八郎ゆかりの地)

東町奉行所跡碑 その他遺跡
東町奉行所跡碑

江戸幕府が大阪に置いた奉行所跡。

歴史・概略

  • 幕府直轄地である大阪に江戸幕府が設置した奉行所跡で、元和5年(1619年)、大阪城の西側に東町奉行所、西町奉行所が並んで建てられ、領内の訴訟や監督、年貢の徴収などさまざまな業務を行った。
  • 享保9年(1724年)、大火により東西両奉行所が焼失、その後両奉行所は再建されたがともに焼失してしまった経験から、西町奉行所は別の場所へと移転された。
  • 天保8年(1837年)、「大塩平八郎の乱」を起こした大塩平八郎は大阪東町奉行の元与力である。

施設データ

地図
住所:大阪府大阪市中央区大手前
東町奉行所跡(大塩平八郎ゆかりの地)

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・大阪地下鉄「天満橋」駅
・京阪電鉄「天満橋」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました