スポンサーリンク

大塩平八郎終焉の地

大塩平八郎終焉の地碑事件
大塩平八郎終焉の地碑

「大塩平八郎の乱」を起こした大塩平八郎が潜伏の末に終焉を迎えた地。

歴史・概略

  • 大塩平八郎(おおしお・へいはちろう)は、寛政5年(1793年)、代々大坂東町奉行組与力を務める大塩家に生まれた。平八郎が与力の頃には同僚の汚職を暴くなどし、市民からの尊敬を集めていたと言われる。
  • この頃、天保の大飢饉による影響が各地に広がり、大阪でも深刻な米不足に陥った。平八郎は奉行所に庶民の救済を訴えたが、奉行所はこれを無視した。さらに商家では買い占めを行うなどの状況に平八郎の怒りが爆発、天保8年2月19日(1837年3月25日)武装蜂起をするに至った。
  • 乱は密告により鎮圧され、平八郎は靱油掛町の商家美吉屋五郎兵衛宅に潜伏、乱のおよそ1月後に役人に取り囲まれ自決した。

施設データ

地図
住所:大阪府大阪市西区靱本町

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・大阪地下鉄「本町」駅から約0.2Km

【バス】
・大阪シティバス「靱本町一丁目」「信濃橋」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました