田中新兵衛

天保3年(1832年)~文久3年(1863年)
たなか・しんべえ。幕末の薩摩藩士。幕末の四大人斬りの一人で本間精一郎や姉小路公知暗殺の実行犯とされる。幕府の取り調べ中に自害した。

事件

猿ヶ辻(京都御苑)

京都御所の北東角にあたる場所。 歴史・概略 北東の方角は鬼門と呼ばれ、古くから鬼の出入りする場所とされている。そのため、災いから守る意味で北東の角...
事件

本間精一郎遭難之地

勤王の志士・本間精一郎が同志たちに襲われ亡くなった場所。 歴史・概略 本間精一郎(ほんま・せいいちろう)は天保5年(1834年)に越後の日本海側の...
タイトルとURLをコピーしました