武田信廉

天文元年(1532年)?~天正10年(1582年)
たけだ・のぶかど。甲斐の戦国武将。信濃高遠城主。武田二十四将の一人。父は甲斐の守護職・武田信虎、兄弟に信玄、信繁など。武田信玄に仕え、信玄の死後、家督を継いだ勝頼に仕えた。織田信長の甲州征伐の際にはほとんど戦うなく捕らえられ処刑された。

古戦場

長篠役設楽原決戦場

天正3年(1575年)、父・武田信玄の跡を継いだ武田勝頼と、織田・徳川連合軍が奥三河の長篠において衝突し、武田軍が大敗を喫した「長篠の戦い」が起こった場所。「長...
古戦場

八幡原史跡公園(川中島の戦い)

越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄が北信濃で攻防を繰り広げた「川中島の戦い(八幡原の戦い)」の際、この場所に信玄が本陣を置いたとされる。 歴史・概略 ...
タイトルとURLをコピーしました