藤原頼長

保安元年(1120年)~保元元年(1156年)
ふじわら・よりなが。平安時代後期の公卿。藤原忠実の三男。兄弟に忠通、子に兼長など。「保元の乱」で後白河天皇、藤原忠通らと対立し敗死した。

京跡・宮跡

白河北殿跡

平安時代後期に使用された白河上皇の院御所跡。後の「保元の乱」の戦闘が起こった場所のひとつ。 歴史・概略 白河天皇は平安時代後期の天皇で院政によって...
京跡・宮跡

東三条殿跡

平安時代、政治権力の中枢に君臨し続けた藤原氏の邸宅跡、および御所跡。 歴史・概略 平安時代初期、藤原氏として初めて摂政に就きその後の藤原氏隆盛の基...
タイトルとURLをコピーしました