源為義

永長元年(1096年)~保元元年(1156年)
平安時代後期の武将。清和源氏の源義親の四男。子に義朝など。他に六条判官とも。「保元の乱」で崇徳上皇側につき敗者となって、後白河天皇側に付いた子の義朝の手によって斬首された。

京跡・宮跡

白河北殿跡

平安時代後期に使用された白河上皇の院御所跡。後の「保元の乱」の戦闘が起こった場所のひとつ。 歴史・概略 白河天皇は平安時代後期の天皇で院政によって...
京都

若宮八幡宮

平安時代、河内源氏累代の邸宅として使われた六条堀川館跡。 歴史・概略 平安時代中期の武将で河内源氏の棟梁・源頼義が屋敷を構えたことに始まり、以後河...
京都

左女牛井之跡

京の名水のひとつ左女牛井の跡。源頼義や源義家ら河内源氏の屋敷跡とされる。 歴史・概略 左女牛井(さめがい)は平安時代より京の名水として知られ、村田...
京都

六条判官源為義公塚

平安時代末期、皇位継承問題によって引き起こされた「保元の乱」に敗れて処刑された源為義(みなもとためよし)の墓。 歴史・概略 保元元年(1156年)...
タイトルとURLをコピーしました