スポンサーリンク

餐霞館遺跡

餐霞館遺跡 山形
餐霞館遺跡

江戸時代の米沢藩9代藩主、上杉鷹山の隠居所跡。

歴史・概略

  • 寛延4年(1751年)、高鍋藩主秋月種美の次男として生まれ、その後彼の祖母が米沢藩4代藩主・上杉綱憲の娘であったという縁によって、8代藩主上杉重定の養子となって家督を継いだ。35歳で重定の子・治広に家督を譲り、隠居後に米沢城の南に造った餐霞館(さんかかん)に移り住んで、剃髪した後は鷹山(ようざん)を名乗った。
  • 鷹山は米沢藩の莫大な財政赤字を立て直した人物として知られ、『なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人のなさぬなり』との有名な言葉を遺した。
  • アメリカ大統領のジョン・F・ケネディが尊敬する日本人として鷹山をあげたことは有名な話である。

見どころ・おすすめ

  • 米沢城に行ったらそんなに時間は掛からないのでぜひ立ち寄ってほしい。

施設データ

地図
住所:山形県米沢市城南
餐霞館遺跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「南米沢」駅から約1.7Km

【バス】
・山交バス「城南一丁目」バス停

【マイカー】
・東北中央自動車道「米沢中央IC」から約5Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました