山縣有朋

天保9年(1838年)~大正11年(1922年)
幕末の長州藩士。内務大臣、内閣総理大臣、元老。若いころ松下村塾に入塾、吉田松陰から多くを学んだ。そして高杉晋作の騎兵隊に参加し、後の長州征伐において活躍を見せた。明治維新後は明治政府で陸軍の基礎を作り上げ、政治家として要職を歴任していった。

京都

角倉了以別邸跡

京都の豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)が高瀬川源流部に建設した別邸跡。 朱印船貿易によって莫大な富を得た了以は大堰川、高瀬川などの開削を行い、その後...
城跡

萩城跡指月公園

山口県萩市にあった城。江戸時代、毛利氏を藩主とした萩藩(長州藩)の藩庁。 戦国時代、中国の覇者となった毛利元就の孫の輝元は豊臣秀吉に仕え中国地方のほとんど...
その他遺跡

松下村塾

江戸時代末期、吉田松陰によって萩城下に開かれた私塾。 松陰の叔父の玉木文之進が天保13年(1842年)に開いた松下村塾が始まりで、その後松陰が塾を引き継...
タイトルとURLをコピーしました