大村益次郎

文政8年(1824年)~明治2年(1869年)
幕末の長州藩の医師。医学や蘭学を学び軍事に長け、長州征討や戊辰戦争で兵の指揮をとるなど活躍した。それらの功績により明治新政府では軍の編成に関わったが、これらの改革が周りからの反発を産み、京都木屋町で刺客の襲撃を受け亡くなった。

邸宅・住居跡

大村益次郎先生寓地址

大村益次郎が大阪で学んでいた時代に居としていた場所。 歴史・概略 大村益次郎(おおむら・ますじろう)は江戸時代後期、長州藩の村医の家に生まれ、防府...
邸宅・住居跡

適塾(緒方洪庵旧宅)

江戸時代後期、蘭学者の緒方洪庵が大阪に開いた塾。 歴史・概略 緒方洪庵(おがた・こうあん)は、江戸時代後期の備中国足守(あしもり)藩士。後に大阪で...
事件

兵部大輔大村益次郎公遺址

明治時代始め軍隊の構築に尽力した大村益次郎が襲撃された宿所跡。 歴史・概略 大村益次郎(おおむら・ますじろう)は、長州藩の医師の家に生まれ医学だけ...
事件

大村益次郎卿遭難之碑

幕末から明治にかけて活躍した大村益次郎が刺客に襲われたことを示す碑。 歴史・概略 大村益次郎(おおむら・ますじろう)は、文政7年(1824年)に長...
城跡

萩城跡指月公園

山口県萩市にあった城。江戸時代、毛利氏を藩主とした萩藩(長州藩)の藩庁。 歴史・概略 築城:慶長9年(1604年) 廃城:明治7年(1874年...
タイトルとURLをコピーしました