スポンサーリンク

萩城跡指月公園

萩城跡 城跡
萩城跡

山口県萩市にあった城。江戸時代、毛利氏を藩主とした萩藩(長州藩)の藩庁。

戦国時代、中国の覇者となった毛利元就の孫の輝元豊臣秀吉に仕え中国地方のほとんどを所領としていた。しかし、西軍総大将となった「関ケ原の戦い」において敗戦、所領が周防国と長門国の2か国のみと大幅に減封された。その際それまで居城であった広島城からの移転先として、慶長9年(1604年)、指月山に萩城が築城された。
幕末には薩摩藩と合わせ長州藩が倒幕の中心勢力となり、大政奉還以後明治政府の中枢を担った。

  • 築城:慶長9年(1604年)
  • 廃城:明治7年(1874年)
  • 築城主:毛利輝元
  • 構造:梯郭式・平山城
  • 主な城主:毛利氏
  • 日本100名城

施設データ

地図
住所:山口県萩市堀内
萩城跡指月公園

周辺の史跡を探す
主な施設
本丸跡・天守台
利用時間
3月 8:30 ~ 18:00
4~10月 8:00 ~ 18:30
11~2月 8:30 ~ 16:30
定休日
無休
料金
大人210円・小中学生100円
交通
・コミュニティバス「萩城跡」バス停
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました