浅井長政

天文14年(1545年)~天正元年(1573年)
あざい・ながまさ。近江の戦国武将。近江小谷城主。妻はお市の方、子に茶々、初、江など。織田信長の妹婿で同盟を結んでいたが、越前の朝倉攻めにおいて信長を裏切り同盟は破棄された。その後織田軍により小谷城を攻められ自害した。

城跡

小谷城跡

滋賀県北部にあった戦国時代の城。 織田信長の妹・お市の方を正室として同盟を結んでいた浅井長政の居城として知られる。 歴史・概略 築城:永正13年...
タイトルとURLをコピーしました