平野国臣

文政11年(1828年)~元治元年(1864年)
ひらの・くにおみ。幕末の福岡藩士。尊王攘夷派の活動家。但馬国生野において「生野の変」を起こし六角獄舎に収監された。その後、「禁門の変」の火災を理由に処分決定前に殺害された。

その他遺跡

六角獄舎跡

京都に置かれた江戸時代の獄舎(牢獄)跡。 歴史・概略 宝永5年(1708年)に起った大火ののち現在地に移転され明治の中頃まで利用された。 宝暦...
京都

京都霊山護国神社

幕末維新に日本のため活躍した志士たちを祀るため京都東山に建てられた神社。 明治元年(1868年)、明治天皇の命によって「霊山官祭招魂社」が建てられ、その...
タイトルとURLをコピーしました