松平忠輝

天正20年(1592年)~天和3年(1683年)
まつだいら・ただてる。江戸時代初期の大名。武蔵深谷藩主、下総佐倉藩主、信濃川中島藩主、越後高田藩主。徳川家康の六男。兄弟に松平信康、結城秀康、徳川秀忠、松平忠吉、徳川義直、徳川頼宣、徳川頼房など。家康の死後、流罪となり、死ぬまで幽閉生活を送った。

城跡

高島城跡

長野県諏訪市にあった城。 江戸時代の諏訪藩藩庁。諏訪の浮城や島崎城とも呼ばれる。 歴史・概略 築城:文禄元年(1592年) 廃城:明治8年(...
城跡

松代城

長野県長野市にあった城。江戸時代の松代藩の藩庁。 歴史・概略 築城:永禄3年(1560年) 廃城:明治6年(1873年) 築城主:武田信玄...
タイトルとURLをコピーしました