武市半平太

文政12年(1829年)~慶応元年(1865年)
幕末の土佐藩郷士。武市瑞山とも。尊王攘夷思想に傾倒し土佐勤王党を結成、思想的に違う吉田東洋を暗殺し藩内で影響力を増した。しかし後に土佐勤王党への弾圧が強まり、主要な構成員は捕まり武市は切腹となった。

京都

武市瑞山先生寓居跡

土佐勤王党を結成した武市瑞山(たけちずいざん)が京都滞在中に身を置いた場所。 武市は土佐藩郷士の家に生まれ、同じく土佐藩郷士であった坂本龍馬の遠縁にあた...
事件

本間精一郎遭難之地

勤王の志士・本間精一郎が同志たちに襲われ亡くなった場所。 歴史・概略 越後に生まれた本間は江戸に出て学び、京都で尊王攘夷思想に目覚めた。その後、薩...
タイトルとURLをコピーしました