木村重成

文禄2年(1593年)?~慶長20年(1615年)
豊臣秀頼の家臣。豊臣家家臣であった木村重茲の子で、母の宮内卿局が秀頼の乳母となったことから秀頼の小姓として仕えたとされる。「大坂の陣」の際には徳川との開戦を主張、徳川寄りと見られた片桐且元を追い出した。戦闘が始まると主力として戦い討死した。

京都

木村長門守重成公旧館地

豊臣秀吉が京都で政務を執るため築いた聚楽第近くにあった木村重成(きむらしげなり)の屋敷跡。 歴史・概略 重成の父は豊臣秀次に仕えた重茲(しげこれ)...
城跡

大阪城公園

大阪府大阪市にある城。 歴史・概略 大阪城(おおさかじょう)は、天正11年(1583年)に羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)によって築城され、その後秀吉政権...
タイトルとURLをコピーしました