難波田九郎三郎

?~観応2年(1351年)
なんばた・くろうさぶろう。武蔵七党村山党の氏族。「観応の擾乱」の際、足利直義に与して高麗彦四郎経澄と羽根倉で戦い討死した。

城跡

難波田城公園

埼玉県富士見市にあった鎌倉時代から戦国時代にかけての平城。歴史・概略「武蔵七党」と呼ばれる武士団のひとりであった金子高範(かねこたかのり)が...
古戦場

羽根倉古戦場(観応の擾乱)

室町幕府初期、政権内で起こった内乱「観応の擾乱(かんのうのじょうらん)」における古戦場のひとつ。歴史・概略足利尊氏による室町幕府樹立からしば...
タイトルとURLをコピーしました