豊臣秀頼 | 場所と地図 – 歴史のあと

豊臣秀頼

文禄2年(1593年)~慶長20年(1615年)
安土桃山時代の武将。太閤・豊臣秀吉の三男。母は淀君、妻は千姫。摂津大阪城主。秀吉の死後「関ケ原の戦い」によって徳川家康が天下の覇権を握り、豊臣家は特別の扱いを受けながらも一大名の立場となった。そして家康は豊臣家を幕府を脅かす存在と考え「大阪の陣」に突入、秀頼は淀君らとともに自刃、豊臣家は滅亡した。

城跡

大阪城公園

大阪府大阪市にある城。 歴史・概略 大阪城(おおさかじょう)は、天正11年(1583年)に羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)によって築城され、その後秀吉政権の本拠地とな...
城跡

二条城

京都府京都市にある城。 江戸時代、徳川家の拠点として京都に置いた城である。明治から昭和にかけて皇室の離宮として使用された経緯から、二条離宮とも呼ばれる。 歴史...
寺社

三十三間堂(蓮華王院)

平安時代末期、後白河上皇によって創建された寺院。現在では新成人が袴姿で矢を射る「通し矢」が行われる場所としてよく知られている。 歴史・概略 この地には後白...
城跡

木幡山伏見城跡

京都府京都市に江戸時代初期にかけてあった城。 歴史・概略 大阪と京都を水運で結ぶ伏見の地に豊臣秀吉が築城した城。「関ケ原の戦い」の際には激しい戦闘も行われた。...
寺社

方広寺(京の大仏)

京都東山にある豊臣秀吉が建立した天台宗寺院。 歴史・概略 天下統一を目前にした秀吉が大仏の造立を発願、その後数年をかけ文禄4年(1595年)に完成した。こ...
寺社

大仏殿跡緑地公園(京の大仏)

豊臣秀吉が造営した「京の大仏」の大仏殿跡。 歴史・概略 天正14年(1586年)、天下人となった豊臣秀吉は、奈良の大仏に倣って京に大仏の造立を始めた。しか...
京跡・宮跡

仙洞御所・大宮御所・豊臣秀吉京都新城跡(京都御苑)

京都府京都市京都御苑内にある江戸時代初期に造営された御所。豊臣秀吉が晩年に築いた京都新城跡地でもある。 歴史・概略 元々この場所には、豊臣秀吉が関白の政庁...