本能寺の変

天正10年6月2日(1582年6月21日)
明智光秀が京都本能寺で主君の織田信長を急襲した事件。信長は必死に抵抗するが自害、嫡男の信忠も二条新御所で戦って自害した。そして事件の11日後、光秀は京都山崎において羽柴秀吉に敗れて敗走の途中落命した。光秀がなぜ事件を起こすことになったのかについては様々な意見がありいまだ議論が止まない。

邸宅・住居跡

二条殿御池跡

京都にあった皇族や公家の邸宅跡。安土桃山時代には織田信長の屋敷としても使われ、「本能寺の変」の戦闘が起こった場所でもある。 歴史・概略 この場所は...
京都

亀山城跡

京都府亀岡市にある明智光秀ゆかりの城で、江戸時代には亀山藩の藩庁となった。 歴史・概略 築城:天正6年(1578年) 廃城:明治10年(187...
京跡・宮跡

二条殿跡「本能寺の変」戦地

「本能寺の変」において、織田信長の嫡男・織田信忠が明智光秀の軍勢と戦い討死した場所。 歴史・概略 天正5年(1577年)、信長が当時公家の二条邸だ...
事件

本能寺跡(織田信長最後の地)

天正10年6月(1582年)、京都本能寺にいた織田信長を配下である明智光秀が急襲したいわゆる「本能寺の変」が起こった。ここは事件が発生した当夜に本能寺が建ってい...
タイトルとURLをコピーしました