池田屋事件

元治元年6月5日(1864年7月8日)
いけだやじけん。池田屋事変、池田屋騒動とも呼ばれる。新選組が幕末志士たちのいる京都池田屋に踏み込み殺害、捕縛した。

事件

池田屋事変殉難志士墓所跡

池田屋事件で犠牲となった志士たちの墓所跡。 元治元年6月5日(1864年7月8日)、尊攘派志士たちが潜伏していた宿屋を京都の治安維持を担う新選組が襲撃し...
その他遺跡

吉田稔麿殉節地・山本覚馬八重邸・御土居跡

長州藩の志士・吉田稔麿が池田屋事件の戦闘で亡くなった地。また山本覚馬・八重の邸宅跡、および御土居の跡とされる。 歴史・概略 碑文「此付近 池田屋...
京都

対馬宗氏屋敷跡

江戸時代、京都にあった対馬藩の屋敷跡。 対馬藩は江戸時代に長崎県対馬と佐賀県の一部を治めていた藩で、平安時代後期より宗氏が対馬を治めていた。ここに屋敷...
京都

古高俊太郎邸址

幕末の尊王攘夷派の志士・古高俊太郎が薪炭商を営んでいた枡屋があった場所。 歴史・概略 古高は枡屋喜右衛門を名乗って、ここで商いをしながら武器の調達...
事件

池田屋騒動之址

幕末の京都で新選組が起こした池田屋事件があった場所。 歴史・概略 元治元年(1864年)、池田屋に集まっていた尊王攘夷派の志士たちを近藤勇、沖田総司、永...
タイトルとURLをコピーしました