平清盛

永久6年(1118年)~治承5年(1181年)
平安時代末期の武将。太政大臣。平忠盛の長男。子に重盛、宗盛、知盛、重衡など。「保元の乱」「平治の乱」の勝利者となって権力の頂点へ登り詰め、清盛を頂点とする平家一門は全国の荘園や日宋貿易により莫大な富を独占するようになった。このことは周りから平家に対する不満を生むことになり、最後は平家打倒の動きが広まっていく中、病で亡くなった。

京都

西八条第跡

平安時代末期、権力の座についた平家の頭領・平清盛が京に構えた邸宅跡。 平氏政権が樹立するきっかけとなった「平治の乱(1159年)」の7年後にあたる仁安元...
京都

平清盛終焉推定地

平安時代末期、平清盛の側近として活躍した平盛国の邸宅跡(推定地)。この邸内で平清盛が没したとされる。 碑文「此付近 平清盛終焉推定地」「平安京左京八条四...
京跡・宮跡

高松殿跡

平安時代、歴代上皇が院御所とした邸宅跡。 平安時代初期、醍醐天皇の皇子・源高明(みなもとのたかあきら)が邸宅としたことに始まり、白河上皇、鳥羽上皇が院御...
その他遺跡

六波羅蜜寺

天暦5年(951年)、市聖(いちひじり)と呼ばれた空也上人によって開かれた真言宗寺院。 空也上人は、当時都に蔓延していた疫病平癒のため、踊りながら念仏を...
京跡・宮跡

三十三間堂

平安時代、後白河上皇によって創建された寺で、正式には蓮華王院と言う。 この地には後白河上皇が離宮としていた法住寺殿があり、当時の権力者である平清盛の資金...
京都

平清盛公西八条殿跡

平安時代末期、武家政権を打ち立て権勢を誇った平清盛が京に築いた邸宅跡。 西八条殿は八条通りの北、大宮大路の西、今の梅小路公園にあたり非常に広大な敷地を持...
タイトルとURLをコピーしました