スポンサーリンク

高松殿跡

高松殿址碑 京跡・宮跡
高松殿址碑

平安時代、歴代上皇が院御所とした邸宅跡。

歴史・概略

  • 平安時代初期、醍醐天皇の皇子・源高明(みなもとのたかあきら)が邸宅としたことに始まり、白河上皇鳥羽上皇が院御所とした。また、後白河天皇はここで即位し一時期内裏ともなった。
  • 平安時代後期、後白河天皇と崇徳上皇の対立をきっかけに始まった「保元の乱」においては、平清盛源義朝ら後白河天皇方の兵力をここ高松殿に集め、崇徳上皇方がいる白河北殿を攻撃して後白河天皇方が勝利した。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区姉小路通釜座東入る
高松殿跡

周辺の史跡を探す
主な施設
高松神明神社
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「烏丸御池」駅から約0.3Km

【バス】
・市バス「新町御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました