スポンサーリンク

三十三間堂

三十三間堂 京跡・宮跡
三十三間堂

平安時代、後白河上皇によって創建された寺で、正式には蓮華王院と言う。

  • この地には後白河上皇が離宮としていた法住寺殿があり、当時の権力者である平清盛の資金協力によって、その邸内に建てたのが蓮華王院である。しかしその後の火災によって伽藍は焼失、鎌倉時代に本堂が再建され、それが今「三十三間堂」と呼ばれる建物である。
  • 堂の名の由来は、堂の柱間が33あるところからきており、これは観音菩薩の33の化身を意味している。
  • 国宝(本堂)

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区三十三間堂廻リ
三十三間堂

周辺の史跡を探す
主な施設
本堂・南大門・築地塀
利用時間
4月~11月15日 8:00 ~ 17:00
11月16日~3月 9:00 ~ 16:00
定休日
無休
料金
大人600円・中高生400円・子供300円
交通
・京阪「七条」駅
・市バス「博物館三十三間堂前」バス停
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました