寺田屋事件

慶応2年1月23日(1866年3月9日)
伏見奉行所の役人が伏見の寺田屋に宿泊していた坂本龍馬を捕縛するため襲撃した事件。龍馬はピストルで応戦し役人数人を射殺、負傷を負わせて逃走した。

事件

坂本龍馬避難の材木小屋跡

幕末の伏見で奉行所の役人が船宿寺田屋にいた坂本龍馬を襲撃したいわゆる寺田屋事件の際、逃亡を図った龍馬が身を潜めたと言われる材木小屋の跡。 歴史・概略 ...
邸宅・住居跡

薩摩島津伏見屋敷跡

江戸時代、薩摩藩が京都伏見に置いた藩邸跡。 歴史・概略 碑文「江戸時代 薩摩島津伏見屋敷跡」「坂本龍馬 寺田屋脱出後 避難之地」「天璋院篤姫 洛中...
邸宅・住居跡

寺田屋

京都伏見にあった船宿。幕末の混乱期、薩摩藩同士の粛清が行われたり、坂本龍馬が襲撃を受けたりした寺田屋事件が起きた現場として知られる。 歴史・概略 ...
タイトルとURLをコピーしました