土佐勤王党

土佐勤皇党ともいう。幕末、土佐藩において尊王攘夷思想の下集結した集団。武市半平太らによって結成され、構成員の中には坂本龍馬や中岡慎太郎、岡田以蔵、吉村寅太郎などがいた。吉田東洋を暗殺し藩内の影響力が高まるが、後に弾圧が厳しくなり主要構成員は捕らえられ切腹、刑死し壊滅した。

邸宅・住居跡

武市瑞山先生寓居跡

土佐勤王党を結成した武市瑞山が京都滞在中に身を置いた場所。 歴史・概略 武市瑞山(たけち・ずいざん)は土佐藩郷士の家に生まれ、同じく土佐藩郷士であ...
邸宅・住居跡

吉村寅太郎寓居址

幕末の尊王攘夷派の志士・吉村寅太郎が京都で身を寄せた場所。 歴史・概略 吉村寅太郎(よしむら・とらたろう)は天保8年(1837年)、土佐藩の庄屋の...
タイトルとURLをコピーしました