千種忠顕

?~延元元年/建武3年(1336年)
ちぐさ・ただあき。鎌倉時代末期の公家。後醍醐天皇の忠臣で後醍醐天皇が隠岐に流された時も同行している。最期は政権を離れた足利軍と戦って戦死した。

古戦場

千種忠顕戦死之地

南北朝の動乱が始まるきっかけとなった「延元の乱」において戦死した千種忠顕の碑。 歴史・概略 千種忠顕(ちぐさ・ただあき)は、鎌倉時代末期から南北朝...
古戦場

水飲対陣之跡(延元の乱)

「延元の乱」における古戦場のひとつ。 歴史・概略 「延元の乱(えんげんのらん)」とは、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒したのちに主導した「建武の新政(けん...
タイトルとURLをコピーしました