名和長年

?~延元元年/建武3年(1336年)
なわ・ながとし。鎌倉時代後期の豪族。伯耆守。後醍醐天皇を隠岐から救出、鎌倉幕府倒幕の兵を挙げた。建武政権崩壊後、足利尊氏に敗れて戦死した。

その他遺跡

瀬田の唐橋

琵琶湖の南を流れ出る瀬田川に架かる橋。 歴史・概略 瀬田の唐橋(せたのからはし)は、現在の滋賀県大津市にある橋で、ほかに勢多大橋や勢多唐橋などとも...
墓・慰霊碑

名和長年公景慕碑

「延元の乱」の戦闘において名和長年が討ち死にしたと伝わる場所。 歴史・概略 名和長年(なわ・ながとし)は伯耆国で海運業を行っていた村上源氏の一族・...
墓・慰霊碑

名和長年公殉節所(延元の乱)

後醍醐天皇を支えたひとり名和長年の戦死の地。 歴史・概略 名和長年(なわ・ながとし)は、後醍醐天皇を支えた忠臣のひとり。元は伯耆国の豪族で、隠岐に...
タイトルとURLをコピーしました